トイレが逆流する原因は?マンションや戸建てのトイレそれぞれの対策を解説

トイレが逆流してしまった場合、突然のことに、どう対処したらいいのか困ってしまう方は少なくないでしょう。そもそも、トイレはどのような原因で逆流してしまうのでしょうか。原因がわかれば対処法もわかるので、自宅のトイレが逆流してしまった場合も冷静に対応することができますね。
ただトイレの逆流は、マンションや戸建て住宅など、建物の構造によってそれぞれ原因が異なり、これにより対処方法も異なってくるため注意する必要があります。
今回は、トイレが逆流してしまう原因について解説。マンションや戸建てのトイレの水が逆流する、それぞれの原因と対策についてご紹介します。
ご自宅のトイレが逆流を起こしてしまった場合や、トイレの逆流を未然に防ぎたいという方は、ぜひ参考にしてください。

トイレが逆流するのはなぜ?4つの主な原因を解説

トイレの水が逆流してしまうと、便器からあふれた水が床に広がり、床材や壁に水が染み込み傷んでしまう可能性があります。また、水に浸かった床は滑りやすく、事故の原因となる恐れも。
これらのトラブルを避けるためには、トイレの水の逆流が発生した原因を特定し、適切な対策を取ることが重要です。

トイレが逆流してしまうのは、主に以下4つの原因が考えられます。

  • 便器に異物が詰まっている
  • 排水口もしくは排水管が詰まっている
  • 排水トラブル
  • 災害が原因の逆流

ここから、それぞれの原因について、一つひとつ解説させていただきます。

便器に異物が詰まっている

トイレが逆流してしまう原因として、もっともわかりやすいのが、便器に異物が詰まってしまったというケースです。
トイレに流すべきではない物質、たとえばトイレットペーパーのかたまりや、衛生用品、水に溶けない非水溶性の紙類、プラスチック製品や、子供のおもちゃなどが便器に詰まることで、水の流れが阻害されます。
その結果、水は排水管に十分に流れることができず、逆流が発生する可能性があるのです。

トイレットペーパーが水に溶ける水溶性の紙とはいえ、それが大量ともなると、簡単には水に溶けません。もちろん、非水溶性の紙やプラスチック製品などは水に溶けることがないため、詰まりの原因となってしまいます。
また、スマホやアクセサリー類など、うっかり落としてしまったことがあるという方もいるのではないでしょうか。また、トイレに飾っているインテリアが、些細な振動で便器に落ちてしまった、ということもあるでしょう。
そうした異物がトイレを詰まらせ、逆流を引き起こしてしまう原因となるので、注意してください。

排水口もしくは排水管が詰まっている

トイレの水が逆流するのには、排水口や排水管が詰まってしまったという原因も考えられます。
トイレの水はタンクや水道から供給され、一定の圧力で流れるもの。 ただし、排水口や排水管が詰まっていると、便器内の水と排泄物が正しく下水に流れることができなくなり、水の圧力が逆流を引き起こしてしまうのです。
たとえば、トイレットペーパー、衛生用品、おもちゃ、おむつといった異物がつまって水が十分に流れていかないと、排水口や排水管の中に閉じ込められ、トイレの水は逆流してしまいます。

排水トラブル

排水管を流れる水の量が少なかったり、流れきれなかったりすることで、排水管や排水口が詰まり、トイレの水が逆流してしまうことがあります。
さらに、トイレに水をくみ上げている排水ポンプが故障してしまったり詰まったりして、正常な排水がおこなわれないと、水が逆流してしまうことも。
トイレの水の流れ方が通常と異なる場合や、流れる水が極端に少ない場合は、排水トラブルを疑った方がよいかもしれません。
排水トラブルは、知識のない素人では修理が難しいので、専門の業者に見てもらうのがよいでしょう。

災害が原因の逆流

トイレの水の逆流には、災害が原因となるケースもあります。
災害によってトイレの逆流が起こる主な事象は、以下のようなことが挙げられます。

まずは、地震災害が原因で起こるトイレの逆流です。
大規模な地震が発生すると、下水管が破損したり、地震による土砂が排水口や排水管に流入して詰まることがあります。さらに、 地震による地盤の変動や建物の損傷も、下水設備に影響を及ぼします。これらの状況により、排水管が詰まって排水が逆流することがあるのです。

また、大雨や洪水が発生して、短期的に大量の水が下水に溢れる事態になってしまうと、下水道や排水設備が浸水してトイレの水が逆流してしまうことがあります。
一般家庭のトイレが逆流するほどの大雨や洪水はそうそう起こりませんが、トイレから異音がしたり異臭がする場合は、水がスムーズに流れなくなる、汚れた水が流れてくるといったことが起こる可能性があります。
くわえて、強風や台風によって下水管の蓋が吹き飛ばされ、外部から迷惑やゴミが流入することで、下水管が詰まることも。これによって、トイレの水が逆流してしまう可能性は大いにあるのです。

災害が原因でトイレの逆流が発生する場合は、災害発生後であっても早急な対応が重要。
適切な機関に連絡して下水道設備の点検や修理を依頼し、災害復旧に向けて迅速に対応するようにしましょう。

マンションや戸建てでトイレの水が逆流するそれぞれの事象をご紹介

前の項目では、トイレの水が逆流する原因についてお伝えしました。
ただ、冒頭でもお伝えしたとおり、トレイの水の逆流は、建物の構造で原因が異なる場合があります。
この項目では、マンションと戸建て住宅、それぞれのトイレが逆流する原因をお伝えします。

マンションのトイレが逆流する主な原因

マンションのトイレが逆流してしまう主な原因には、どういったことが考えられるのでしょうか。
まず、マンションは複数の住戸が一つの排水設備を共有しています。そのため、他の住戸からの排水が集中したり、共同の排水管に問題がある場合に、逆流が発生したりすることがあるのです。
また、マンションでは、建物のメインとなる排水管から、各部屋に枝分かれするような形でそれぞれの排水管が引かれています。そのため、メインとなる排水管が詰まる・故障するなどしてしまうと、建物全体のトイレに影響が及んでしまうこともあるのです。
さらに、マンション設備の老朽化や、メンテナンス不足が逆流の原因となる場合もあります。
戸建てのように自宅のトイレ、または排水管だけが原因ではないため、マンションにお住まいでトイレの水が逆流した場合は、まずマンションの管理人や管理会社に連絡するのがおすすめです。

戸建てのトイレが逆流する主な原因

つぎに、戸建て住宅のトイレが逆流する主な原因について解説いたします。
まず考えられるのが、便器や排水管の詰まりです。マンションであれ戸建てであれ、トイレの水が逆流する原因として、もっとも考えられる事象となります。
くわえて、水管の施工に問題がある場合、水の流れが正しく確保されず、逆流が発生することも。また、トイレの逆流が一時的に地域全体で発生する場合は、地域下の水道設備に問題がある可能性があります。
マンションなどの共同設備は、管理人や管理会社が定期的にメンテナンスをしてくれますが、戸建ての場合、自らメンテナンスをするか、専門業者に依頼をしてトイレに異常がないかチェックしてもらう必要があります。
ある日突然トイレの水が逆流してしまったといった事態が起こらないよう、定期的に専門業者に便器や排水管のメンテナンスをしてもらうことをおすすめします。

トイレの水が逆流した場合の対策と予防について

実際にトイレの水が逆流してしまった場合、どのような対策をとるのが正しいでしょう。また、トイレの水の逆流を未然に防ぐための予防として、どのようなことをおこなうのがよいのでしょう。

この項目では、トイレの水が逆流してしまった場合の対策と、逆流を未然に防ぐための予防対策をお伝えします。

トイレの水が逆流してしまった場合の対策は?

トイレの水が逆流してしまった場合、まず第一に水の供給を止めることが重要です。
便器内に流れ込む水を止めることで、逆流を一時的に止めることができます。
もしトイレの水が便器内や床に溢れている場合は、バケツやぞうきんなどを使って水を除去し、周囲の床への浸水を防ぎましょう。
これにより、水の浸透による家屋への損傷や、カビの発生を防ぐことができます。

つぎに、逆流を解消するために原因の特定をおこないます。
便器や排水管に異物が詰まっている可能性がありますので、逆流し溢れた水をバケツなどで取り除いて、便器や排水管をチェックしてみてください。
便器や排水管の詰まりによって逆流が起こっている場合は、ラバーカップや真空式パイプクリーナー、トイレ用クリーナーやワイヤーブラシなどを使用することで、詰まりを解消することができます。

ラバーカップを使用する場合は、便器内の水の量に注意してください。
ラバーカップで真空状態が作れる量の水がないと、詰まりを解消する効果が十分に発揮されません。
反対に水の量が多すぎても、カップ内に真空状態が作れなかったり、汚水が飛び散ってしまったりしてしまうので注意が必要です。
ラバーカップでうまく真空状態が作れたら、柄の部分をゆっくりと押し込み、「引っこ抜く」ように手前にカップを引き戻してください。
これを何度か繰り返すことで、便器に詰まっていた異物が徐々に解消されます。

つぎに、真空式パイプクリーナーを使用する方法です。
真空式パイプクリーナーとは、ラバーカップに空気を出し入れするポンプがついた製品で、一般のホームセンターなどで販売されています。
使用する際は、トイレからあふれた水が周囲に飛び散らないように、床にビニールやぞうきんを敷いておきましょう。
パイプクリーナーのカップが浸る程度の水を入れて、便器のくぼみにカップをセットしてください。
カップがセット出来たら、パイプクリーナーのハンドル部分を押し込み吸引をおこないます。
ラバーカップと同様に、吸引を何度か繰り返しているうちに、詰まりは少しづつ解消されていくでしょう。

このほかにも、トイレ用のクリーナを便器に流し込み、時間をおいて水を流してみたり、お湯を流すことで、便器や排水管に詰まっていた異物を溶かし流すことができる可能性もあります。
くわえて、ワイヤーブラシで便器の奥の異物を掻き出すという方法も有効です。

自力で解決できない場合や、逆流の原因が不明な場合は、無理に自分で対処しようとせず専門業者に相談しましょう。
便器や排水管に負担をかけてしまうと、根本的な故障を招いてしまうリスクがあるので注意してください。

トイレの逆流を未然に防ぐには?

トイレの逆流を解消する方法についてお伝えしましたが、そもそも逆流を未然に防ぐことができれば問題は起こりません。

逆流を未然に防ぐには、一度に大量のトイレットペーパーを流したり、水に溶けない異物を流したり落としたりしないといった注意を払うことでしょう。
ただ、心掛けてほしいのは、適量の水をこまめに流すということです。
適度な水量で排泄物を流し切らないと、便器や排水管に詰まり、逆流の原因となってしまいます。
また、表面的には流し切ったように見えていても、流す水の量が少ないと、排泄物が便器の奥や排水管に留まっていることもあるのです。
逆流の原因にもなるトイレの詰まりを引き起こさないためにも、トイレを利用する際は、適量の水をこまめに流すようにしましょう。

また、近年トイレタンクの中にペットボトルを入れて節水する方が増えています。
ペットボトルによってかさ増しされた水では、便器や排水管を十分に洗浄できていない可能性が高いです。
長期間ペットボトルを使用した節水をおこなっていると、流れる水の量が不足し、いつか便器や排水管を詰まらせてしまうことも。
節約することも大切ですが、トイレの水の逆流によって便器や排水管が故障してしまえば、修理代に大きな出費がかかり元も子もありません。
トイレの水は、きちんと定められた量が流れるようにしておきましょう。

また、 逆流が頻繁に起こる場合、便器や排水設備に過度の負担がかかることで故障が発生し、トイレの使用に支障が出るリスクがあります。
トイレの逆流は不衛生で不快なだけでなく、床や床下などへの水漏れによる被害やカビの発生など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。
こうしたトラブルを未然に防ぐためには、トイレに流してよいもの以外を流さないように注意を払い、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。
不測の事態を起こさないためにも、トレイ修理を専門におこなっている業者に依頼して、定期的に点検やメンテナンスしてもらいましょう。

まとめ

トイレの水が逆流してしまう原因には、主に便器に大量のトイレットペーパーや、その他の異物が詰まっているケースや、排水口や排水管が詰まっているケース。さらに、排水トラブルや災害が原因で引き起こされる逆流などが挙げられます。
トイレの水が逆流してしまうと、トイレが使用できないことはもちろん、床や壁が汚水によって傷んでしまったり、カビが生えてしまったりなど、さまざまなトラブルが起こってしまうリスクも。

これらのトラブルを避けるためには、トイレの逆流が発生した場合は、速やかに原因を特定し、適切な対策を取ることが大切です。また、逆流の原因にはマンションと戸建てそれぞれが持つ要因なども関係してきますので、自宅の建物によって対策を考えることが重要。
ある日突然トイレの水が逆流してしまったという事態が起こらないよう、日頃からメンテナンスを実施するのがおすすめです。

トイレの逆流の原因が便器や排水管の詰まりだった場合、ラバーカップやワイヤーブラシなどといった道具を使い自分で解消することも可能です。ただ、素人では原因がわからない場合も多々あるので、一番は専門の業者に依頼すること。
トイレ修理を専門におこなっている業者なら、迅速にトイレの逆流を解消してくれます。また、逆流を未然に防ぐためにも、点検やメンテナンスを実施してもらうのがよいでしょう。
「トイレの水が逆流してしまった」
「自分で道具を使ってみたが、トイレの詰まりが解消しない」
「トイレの逆流や詰まりが起こらないよう、異常がないか点検してほしい」
こんな方は、ぜひ「トイレつまり修理センター」にご相談ください。
トイレつまり修理センターは、洋式・和式・小便器など、どんな種類のトイレ修理にも対応しています。また、平均30分程度で修理を実施するなど、迅速な対応が可能。
トイレの逆流、詰まり、水漏れ、修理などさまざまなトイレのトラブルに対処してくれます。
トイレのトラブルでお困りの方は、まずお気軽にお問い合わせください。

トイレつまり修理センター
https://toilet119.net/

トイレつまり修理の対応エリア トイレトラブル解決までのカンタン4ステップ ご依頼の流れ
トイレつまり修理の豆知識お役立ちコラム一覧を見る
トイレの隙間掃除で臭い・汚れ・黒ずみもスッキリ!プロが教える簡単掃除術
トイレ掃除はクエン酸で徹底的に!黄ばみや尿石もスッキリ落とす方法
トイレのボールタップが水漏れの原因に?ボールタップのトラブルから対処法まで解説
汲み取り式トイレ(簡易水洗)を徹底解説!水洗トイレへの改修工事の費用もご紹介
トイレにティッシュを流して詰まらせてしまった!よくある原因と対処法
トイレが逆流する原因は?マンションや戸建てのトイレそれぞれの対策を解説
ピーピースルーはトイレつまりを直せるのか?商品説明や使い方を解説
トイレタンクの水漏れはオーバーフロー管の故障が原因?交換方法や費用をご紹介
トイレタンクの異音ごとの原因や対処法を徹底解説
高圧洗浄機でトイレつまりを直す方法や使用する際の注意点を解説
トイレのつまりはマジックリンで解消できる?使用方法や注意点
トイレつまりをオキシクリーンで解消する方法や注意点を解説
トイレつまりをハイターで解消!詳しい手順や注意点を解説
トイレが詰まったときはラップで解消できる?その手順やコツを紹介
トイレにナプキンやおりものシートが流れてしまった!正しい対処法
トイレ排水管の尿石やヘドロつまりに効果的なサンポールの活用方法
トイレつまりの修理費用はいくら?料金相場や悪徳業者を見分けるコツ
トイレトラブルに火災保険が使える?
トイレつまりの原因や簡単にできる直し方のコツ10選を完全ガイド
トイレの汚れの落とし方とつまりの解消法を解説!
カギのトラブルすぐに解決カギの緊急隊 ガラスのトラブルすぐに解決ガラスの緊急隊 ハチのトラブルすぐに解決蜂の巣駆除センター バッテリー上がり緊急隊
トイレつまり修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー