トイレが臭い?原因と対策方法を解説!

トイレが臭い?原因と対策方法を解説!

トイレが臭くなる原因とは?

便器に水がある場合

この場合、掃除不足が考えられます。トイレカバーやマットへのニオイ移りにも要注意です。

最近、トイレを使用していない場合

トイレを長期間使用していない場合は、便器の中の水が蒸発している場合があります。便器の中の水は排水管からのニオイを封じる役目も担っています。このような場合は、水を流すことで改善されます。

洗浄後すぐ便器の水がなくなる場合

洗浄後すぐに便器の水がなくなる場合は、補助水管がオーバーフロー管から外れている場合が考えられます。タンクの蓋を開け補給水管をオーバーフロー管に差し込んでください。

洗浄後しばらくして便器の水がなくなる場合

洗浄後しばらくして便器の水がなくなる場合は、トイレットペーパーが排水路に詰まっていることが考えられます。そのため、吸引カップなどで詰まりを改善させる必要があります。

トイレの節水は可能?

タンクの中に水を入れたペットボトルやビール瓶などを入れ節水対策を行っているご家庭があります。そうすることで、1回で流れる水の量はタンクに入れた体積分減らすことができ、節水効果は抜群です。ただ、これらによってクサリや浮玉、浮きゴムなどの妨げになるほか、故障の原因になる場合もあります。

また、トイレタンクの水の量は、そのトイレに必要な量を計算したうえで作られています。そのため、節水対策によって水の量が減るとトイレ詰まりの原因にもなりかねません。このことから、各メーカーではタンクの中に物を入れる節水方法を禁止しています。

ただし、トイレ詰まりの主な原因は、必要以上のトイレットペーパーを流したり便の量多い時などとなります。小の時なら節水対策後の水の量でも問題はありません。そのことから、使い方によって対応する必要があるといえ、節水=詰まると言い切ることはできません。

以上のことから、節水対策する際は、様々なリスクがあるということを踏まえ行うことが大切となります。

また、最近では節水タイプのトイレも多く販売されているため、トイレが古くなったら、トイレを交換してみてはいかがでしょうか。

トイレつまり修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー