排水パイプ洗浄器具の種類と使い方について

排水パイプ洗浄器具の種類と使い方について

排水パイプ洗浄器具には、いくつか種類があります。そのため、各特徴を理解し、一番適した方法を選択する必要があります。

吸引カップ(ラバーカップ)

ゴム製の半球状のカップを排水口に当てて使用する吸引カップ。この時、カップの上ぐらいまで水がないと効果を発揮することができません。そのため、水が少ない場合はバケツなどで水を足してから使用します。押し付ける時はゆっくりグッとし、引き上げる時はポンと一気に力を入れ引き上げます。この水が引き上げられる力で詰まりを解消することができるのです。

カップには、様々なサイズがあり排水口に合ったものを選ぶことで、より効果的に詰まりを解消させることが可能です。

真空式パイプクリーナー

吸引カップより高い吸引力と押し上げ圧力がかかり高い効果を得ることができるのが、真空式パイプクリーナーです。吸引カップでは改善できない詰まりでも、真空式パイプクリーナーなら改善可能な場合もあります。太陽プレス工業の製品の場合、4種類のサイズがあり、おすすめは、No81-Aタイプ。直径が110㎜のカップと直径70㎜のカップがあり、取り替えて使用することが可能です。

そのほか、No81-Lは170㎜のカップもおすすめで、水洗トイレにも使用可能なタイプとなります。

使い方は、排水口に合ったサイズのカップを使用し、便器に水が溜まった状態で使用します。カップを排水口にぴったりと当てハンドルをグッと押すと水圧がかかり力を入れ引き上げると水が勢いよく引き上げられます。それによって、詰まりを解消することができます。

ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤーの先にらせん状のヘッドが付いているワイヤー式パイプクリーナー。パイプに沿って侵入させることができ、詰まり部分に到着すると詰まっているゴミなどをヘッドで引っ掛け取り除くことが可能です。ワイヤーの長さは色々あるものの家庭用で使用する場合、2~3mほどで十分です。

トイレつまり修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー