真空式パイプクリーナーとは?使い方も合わせて解説!

真空式パイプクリーナーとは?使い方も合わせて解説

大型の水鉄砲のようなものとなる「真空式パイプクリーナー」。真空式パイプクリーナーの魅力は吸引カップよりも吸引力が強い点にあります。そのため、吸引カップでは直らなかったつまりでも、この真空式パイプクリーナーを使えば一発で改善されることもあります。このことから、吸引カップの購入を検討する人には、真空式パイプクリーナーがおすすめです。各種サイズがありますが、トイレの場合Lサイズがおすすめです。

真空式パイプクリーナーの使い方

①はじめにカップを便器の穴に当てます
その際、便器の穴にピッタリとはめることができれば、水がなくても効果がありますが、ピッタリとはめることができない場合は、必ず水がある状態で使用します。水がない場合はバケツなどで水を足してください。

②トイレの水から出し、ハンドルをゆっくりと押します

③カップを便器の穴に押し付け、ハンドルを引きます。

その時は勢いよく引きます。一度で改善されない場合は、何度も繰り返し行います。その際、トイレットペーパーなどトイレに流すことができるものが原因であれば問題ありませんが、固形物などがトイレ詰まりの原因の場合は、詰まったものを取り出す必要があります。そのため、詰まりの原因が便器付近に戻ってきた場合はビニール手袋などを装着し便器の中に手を入れ取り出してください。そうしなければ、再度、詰まってしまう可能性があります。

④水がスーと引けば詰まりは解消されたものと思われますが、再度、バケツの水などを流し確認されることをおすすめします。

トイレは詰まらせないことが大切!

トイレは詰まったら大変です。そのため、詰まらせないようにすることが大切です。トイレットペーパー代わりとしてティッシュペーパーを使用したり、子供のいたずらで流してはいけないものを流したり、節水だからと流す水の量を少なくしたりすることは詰まりの原因になります。そのほか、サイフォン式のトイレの場合、水たまりの下にある小さな穴に尿石などが詰まりかけている場合も注意が必要です。

固形物を流したときやつまりが改善されない時は、どうすればいいのか?

携帯電話やおもちゃなど固形物を便器に落とした場合は必ず流さず拾うことが大切です。これらを流してしまうと排水部分に引っかかり、完全に詰まってしまいます。誤って流してしまった場合は、吸引カップを使用します。その際、便器の水が少なくなれば詰まったものの汚水は周囲から流れているということがわかります。便器の中の水が少なくなったらバケツで水を入れ、再度、吸引カップを使用することを繰り返すと詰まったものが便器の近くに戻ってくることがあります。それを確認できれば、手を入れ回収します。残念ながら手が届かない奥の方で詰まってしまった場合は、専門業者に依頼し便器を外し、詰まったものを取り除かなければなりません。

また、何度、吸引カップを使用しても改善されない場合も専門業者に依頼するしかありません。そのほか、原因が思い当たらない場合も排水管の配管方法に問題がある場合が考えられるため、一度、専門業者に調査してもらう必要があります。

トイレつまり修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー