トイレつまりをハイターで解消!詳しい手順や注意点を解説

トイレつまりをハイターで解消!詳しい手順や注意点を解説

急なトイレのつまりはできるだけ早く解消させたいものです。ただ自宅につまりを解消する道具がないという方もいるでしょう。実はトイレつまりはハイターでも解消できます。ハイターなら自宅にない場合でも、コンビニやドラッグストアで購入できるため、緊急時にはとても便利です。

今回はトイレつまりをハイターで解消する方法を詳しく紹介します。全てのつまりに対応するわけではないので、ハイターで解消できるケース、注意点なども併せて知っておきましょう。

トイレつまりはハイターで解消できる?

トイレつまりはハイターで解消できる?

キッチンやトイレ掃除などで使うハイターは、ほとんどのご自宅にあるのではないでしょうか。トイレつまりの原因によっては、ハイターで簡単につまりを解消できます。まずはハイターでつまりを解消できるケース、できないケースについて知っていきましょう。

ハイターで解消できる場合

ハイターで解消できるつまりの原因は、詰まっているものが水に溶ける場合です。具体的にはトイレットペーパーやティッシュペーパー、排泄物や吐瀉物であればハイターで解消できます。水に溶けるタイプのトイレクリーナーシートが詰まった場合も、ハイターを使うことが可能です。

ハイターで解消できない場合

ハイターで解消できないつまりの原因は、水に溶けないものです。オムツや生理用品、おもちゃやスマホなどを誤って流してしまった場合、速やかに業者に相談することをお勧めします。

ラバーカップなどの道具を使う方法が紹介されていることもありますが、無理矢理解消しようとすると便器が壊れてしまうことも。また失敗して詰まっているものがさらに奥に行ってしまうと高額な修理費用がかかってしまうケースもあります。

それから尿石によるつまりも、ハイターで解消できないつまりです。尿石のつまりをハイターで解消できるという情報もありますが、尿石がアルカリ性の性質を持っているため、同じくアルカリ性のハイターでは反応しません。ちょっとこびりついた程度の尿石なら取れる可能性がありますが、尿石によってトイレが詰まった場合はハイターを使わないようにしましょう。

また何が原因かわからないけれどトイレが詰まってしまったという場合も、業者に相談したほうが安心です。

トイレつまりをハイターで解消する方法

トイレつまりをハイターで解消する方法

トイレつまりをハイターで解消する方法を解説します。簡単な方法ですが、これから紹介する手順を守るようにしてくださいね!

手順1. 便器内の水量を減らす

トイレが詰まってしまっているのに水を流してしまうと、便器内の水量がかなり多くなっていることがあります。便器内の水量が多いと、ハイターを入れても薄まってしまって効果が期待できません。そのため、まずは便器内の水量を調節する必要があります。

便器内の水量を調節するときは、バケツとポンプもしくは、水が汲み出せそうな容器や用具を用意しましょう。灯油を入れるときに使うポンプが一番便利です。ただ灯油用に使ったポンプを使うと油が便器内に入って、それを取り除かないといけなくなるので注意してください。

水はつまりがない正常な状態に水が溜まる水位より少し多いくらいに減らしておきましょう。これくらいまで水位を落としておけば、ハイターの効果が出やすくなります。

手順2. ハイターをキャップ2杯分入れる

便器内の水量を調節したら、ハイターをキャップ2杯分流し入れます。流し入れたら、そのまま20〜30分程度放置しましょう。

手順3. 便器に水を流してみる

20〜30分放置したら、まず水位に変化があるかチェックしてみてください。ハイターを入れる前の水位より下がっているのであれば、つまりが解消され始めている証拠です。もし水位が下がっていても、いきなりレバーを使って水を流すことはしないようにしましょう。

水を流し入れるときは、ペットボトルに入れた水を流し入れてみましょう。水が飛び散らないように注意しながら、便座より少し高いところから水を注いでください。水を入れてもすぐ水位が下がるのであればつまりは解消しています。仕上げにレバーを使って「小」で水を流してみてください。

もしペットボトルで水を流し入れた後に水位に変化がないのであれば、まだつまりが解消していません。つまりがひどい可能性もありますので、もう一度今紹介した手順を初めからおこなってみましょう。それでも解消されない場合は、業者に相談することをおすすめします。

トイレつまり解消にハイターを使うときの注意点

トイレつまり解消にハイターを使うときの注意点

トイレのつまりをハイターを使って解消するときは、いくつか気をつけておきたいことがあります。ハイターを使ってつまりの解消を試みる前に、今から注意点をしっかり確認しておいてくださいね!

注意点1. 換気をしっかり行う

ハイターを使ってつまりを解消するときは、しっかりトイレ内を換気しておきましょう。トイレに窓があるのであれば開けて、換気扇も回します。トイレのドアを開けた状態で掃除してください。隣接する部屋や廊下に窓がある場合も、開けておくと安心です。

万が一作業中に気分が悪くなった場合は、すぐにその場を離れて外の空気を吸いましょう。

注意点2. 周りに飛び散らないようにする

ハイターを含んだ水が飛び散ってしまうと、飛び散った部分が脱色されてしまいます。そうでなくても便器内の水が飛び散るのは不衛生ですから、水を汲み出すときや注ぐときには飛び散らないように注意してください。

もし飛び散るのが不安な場合は、ビニール袋と養生テープを使って床や壁を養生しておくことをおすすめします。養生をしておけば作業後の片付けもかなり簡単です。

注意点3. 長時間放置しない

ハイターを便器に注いで長時間放置しすぎると、便器や配管を傷つけてしまう可能性があります。放置するのは最大でも1時間以内にしましょう。先ほど一度でつまりが解消されなかった場合は、もう一度同じ手順を繰り返すと紹介しましたが、2回目はとくに時間に気をつけてください。

ハイターを長時間放置して便器や配管の修理が必要になると、つまりの解消を業者に依頼する場合にかかる費用の何倍もの金額がかかってしまいます。ハイターを使ってつまりを解消するときは、常に時間を気にするようにしましょう。

注意点4. ゴム手袋を使う

ハイターが素手についてしまうと、肌が荒れたり腫れたりする可能性があります。必ずゴム手袋を使って作業をしましょう。ゴム手袋は肘くらいまで長さがあるものがおすすめです。もしゴム手袋の長さが足りない場合は、長袖を着て素肌が出ないようにしておきましょう。

注意点5. 汚れてもいい服を着る

ハイターが服についてしまうと、その部分の色が落ちてしまいます。注意してもハイターが服についてしまうことはありますので、必ず汚れてもいい服を着ましょう。先ほども少しお話ししましたが、素肌にハイターがつかないように、できれば長袖や長ズボンの服をおすすめします。

注意点6. マスクをつける

それほど長時間の作業ではないですが、普段からハイターで気持ち悪くなりやすい方はマスクをつけておいた方が安心です。普段使用するような不織布のマスクで構いませんから、安全のためにつけておきましょう。

注意点7. 酸性洗剤と併用しない

ハイターはアルカリ性です。ハイターのボトルによく「混ぜるな危険」と書かれていますが、アルカリ性と反対の性質を持つ酸性洗剤を併用すると危険なガスが発生してしまいます。ハイターを使ってつまりを解消するときは、絶対に酸性洗剤と併用しないでください。

もしもつまりを解消する直前に酸性洗剤を使っていた場合は、今回紹介した方法はおすすめしません。他にもトイレのつまりを解消する方法はありますので、別の方法を試すようにしてください。

ハイターで対処できないトイレつまりは業者に相談

ハイターで対処できないトイレつまりは業者に相談

ハイターを使ってもつまりが対処できない、水に溶けないものが原因でトイレが詰まっている、何が原因でトイレが詰まっているかわからないという場合は、業者にすぐに相談しましょう。水に溶けるものの場合は他の方法を試して改善する可能性がありますが、あれもこれも試して長時間トイレが使えないのは困ってしまいます。

また、水に溶けないものがつまりの原因だったり何が原因かわからなかったりする場合は、ご自身で対処しようとした結果、悪化させてしまうこともあります。悪化してしまうと、つまりを解消するよりも高い費用がかかってしまうので、最初のうちに業者に依頼した方が安心です。

とくにおもちゃやスマホなど固い固形物が原因の場合は、便器を破損してしまう可能性があるので無理矢理引っ張り出さないようにしてください。

業者にもよりますが、すぐに駆けつけてくれる業者も多いです。まずはお住まいのエリアで対応してくれる業者を見つけて問い合わせてみましょう。最近は365日深夜まで対応してくれる業者も増えていますので、祝日や深夜に緊急の場合もまずは調べてみてください。

まとめ

「水に溶けるもの」がつまりの原因であるなら、キッチンハイターやトイレハイターを使って解消できる可能性があります。トイレが詰まって困ってしまったら、今回紹介した手順を参考にして試してみてくださいね。

ただし、ハイターは正しく使えば問題ありませんが、間違った使い方をすると劇薬になります。今回ご紹介した注意点は必ず守るようにしましょう。

「ハイターを使ったけど解消されない」「水に溶けないものを流してしまった」という場合は、業者に相談することをおすすめします。業者ならプロのテクニックで素早くつまりを解消してくれますよ!

トイレつまり修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー