トイレの汚れの落とし方とつまりの解消法を解説!

トイレの汚れの落とし方とつまりの解消法を解説!

便器の水面部分に輪のような汚れが付いている場合

輪のように付いた尿石汚れには1000番を!

便器の水が溜まっている部分に輪のように付く汚れは主に尿石汚れとなります。この頑固な尿石汚れは、そう簡単に落とすことができません。そこで、おすすめなのが耐水サンドペーパーの1000番です。1000番に水を付けてこすると、初めはザラザラが気になりますが、汚れが落ちるにつれてスベスベになります。その後、できれば、1500番、2000番でこすることで、多少、傷ついたところも滑らかに仕上げることが可能です。

便器の落ちない黒ずみは1500番で!

便器の水が流れる部分が黒ずんでしまうことがあります。この場合、トイレ用洗剤ではなかなか落とすことができません。そこで、おすすめなのが耐水サンドペーパーの1500番です。水を付けてこするだけできれいに汚れを落とすことができます。

トイレがつまった場合

詰まりかけには吸引カップを!

詰まりかけとは、便器に水を流し、一旦、便器の中の水位が上昇し、その後、ゆっくりと流れ数位が下がる状態を指します。このような時は、すぐにトイレ用吸引カップの使用をおすすめします。この段階なら、ほとんどの場合、解消が可能です。
一般的な吸引カップのほか、吸引力が強力なポンプ式吸引カップ(真空式パイプクリーナーL型)もおすすめです。

固形物を流したときは?

詰まりの原因が固形物の場合は、吸引カップを使用すると固形物の周りから水が流れ、どんどん水が減っていきます。水を入れながら何度か繰り返すと水がきれいになります。それを目途に吸引してから手を突っ込むことで、詰まったものを取り出すことができる場合があります。

詰まりが改善されても、すぐに水洗トイレの水は流さない!

詰まりが改善されても、すぐにハンドルを回し水を流してはいけません。バケツなどで水を少しずつ入れてスムーズに流れることを確かめてからハンドルを回すことが大切です。

トイレつまり修理の対応エリア
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
メニュー